ガールズバーとキャバクラの仕事内容の違い

ガールズバーとキャバクラ、どっちにしようかなと悩んでいる女の子もいるのではないでしょうか。
どちらにすべきかは、両者の違いを理解してこそです。
ガールズバーとキャバクラの違いとは

ガールズバーとキャバクラの仕事内容

ガールズバーもキャバクラも基本的にはお酒を飲んでいるお客様の相手ですが、異なる点がいくつかあります。
まずはお店の雰囲気です。
キャバクラは非日常感があります。女の子はお客様に対して「おもてなし」の気持ちで丁寧な接客が求められます。
一方、ガールズバーはフランクです。サークル感覚・友達感覚のような接客も問題ありません。
キャバクラの場合、敬語は当たり前で、さらにはマナーも意識しなければなりません。
その点ガールズバーは仲の良いお客であれば敬語の必要もありませんし、マナーも特に意識することはありません。

訪れるお客の層

キャバクラに訪れるお客はそれなりに余裕を感じさせるお客や、営業や接待が多いです。
一方、ガールズバーは一人でやってくるお客もいます。
キャバクラの場合、「軽く」というよりはとことん楽しもうという気持ちでやってくるお客が多いですがガールズバーの場合、「ちょっと一杯だけ」のお客も多いです。
但し、終電を過ぎると終電を逃したので朝までがっつり楽しむお客も増えてきます。
営業時間や雰囲気の違いから、客層も微妙に異なります。

プラスアルファのお仕事

時間外のお仕事も

キャバクラはお店の中でお客の相手をするだけではなく、営業活動も「業務」です。
お客と連絡先の交換を行い、お見せに来てもらうよう営業メールを出すこともいわばお仕事の一つで、指名や同伴を取ることによってお給料がグングンアップします。
一方、ガールズバーには営業活動そのものを禁止しているところや、お客との連絡先交換さえ禁止しているところもあります。
お店の中でのお仕事も微妙に異なりますが、「お店の外」でのお仕事は大きな違いがあります。
ガールズバーの場合、プライベートを犠牲にする必要はなく、キャバクラよりも気軽です。


関連記事